「すべてのことを本気で行う」「強い想い」は多くの人の喜び、成長、感動、幸せに貢献する。

HOME > 講演依頼 > 第3回 『お客様感動満足体験セミナー』 〜ボードゲーム編〜

講演依頼

第3回 『お客様感動満足体験セミナー』 〜ボードゲーム編〜

講演日時
2007年11月05日(月)

第3回 『お客様感動満足体験セミナー』 〜ボードゲーム編〜

『企業ブランドは日々の活動や感動創出が創り上げる』という想いがコンセプトの第3回企業セミナーでは、弊社開発のオリジナルボードゲームを用い、具体的な接客場面におけるホスピタリティーのあり方を和気藹々とした雰囲気の中で4人一組のグループとなり体験。お客様の性別、年代、ご利用理由…などのさまざまな接客場面においての感動創出を、ゲームを通して疑似体験していただきました。

第3回 『お客様感動満足体験セミナー』 〜ボードゲーム編〜 01 第3回 『お客様感動満足体験セミナー』 〜ボードゲーム編〜 02

ご参加していただいた感想

  • 教育にとって大切なのはスキル、技術ではなく(大切ではあるが)それを活かすための心が大切だということ、自分自身が体験できるセミナーでしたので分かりやすくストーリー性があってすごく良かったです。
  • ゲーム形式のセミナーは初めてで、少し戸惑ったが、周りの方々と早く打ち解けることができてよかったです
  • 顧客の希望について、二手三手先を読まねばならないことに気付いた。あらためて「読書」と「(自腹を切る)講習」の重要性を再確認した。会社初めて半年、悩みだらけ 集客。資金調達・人材スピード育成など、悩みは尽きず・・・
  • お客さまやスタッフなどの人と人とのつながりは心が大事ということボードゲームの感動を与えるサービスは分かりやすく伝わった。
  • 全てセミナー内容、社内ツアー、社長の話が学びになった。やはり、人が組織の柱であり仕組みが出来ているところは感激しました。
  • 心が一番重要・・・報酬はお金だけではない。大変共感しました 自社でもコーチングを今後考えています。WEタイプとMEタイプ なるほどと想いました。ボードゲーム大変勉強になりました。くふ楽のスタッフの皆様に元気があり、目に力と輝きを感じました。
  • 「お客様の立場にたつ」という当たり前の事をどこまで徹底して行えるか。そしてそれの根本にある心のありかた、それそ自発的に学ぶ環境づくりを早速手がけていきます。本当に勉強になりました。コーチングセミナーは非常に気になります。ボードゲームをとおしてくふ楽の理念を伝えてゆくのは素晴らしいです。
  • 人それぞれ相手(お客様)に対しての「おもてなし」の考え方が違う。従業員の本気にさせるコーチングの秘訣は?ボードゲームとても楽しかったですし、今後の参考になりました。

講師紹介

福原裕一 Yuichi Fukuhara

1965年 神奈川県横浜市生まれ。 (株)くふ楽、Valuce Hospitality’s (カナダ)代表 2001年 東洋経済新報社刊ベンチャ−クラブ『日本の起業家300人』に選出。その後、フジサンケイビジネスアイ『行列のできる店仕掛け人』として取り上げられる。2005年月間近代食堂にて『最強の人づくりの秘訣:(株)くふ楽』として7ヶ月間集中連載される。年2回外食部門の店舗ノウハウ成果発表会『チャレンジシップアワーズ』を開催し、業界内外より反響を得る。

福原裕一への講演依頼はこちら

福原裕一のオススメリンク集